• (C)TOMOKI HIROKAWA

  • (C)TOMOKI HIROKAWA

  • (C)TOMOKI HIROKAWA

  • (C)TOMOKI HIROKAWA

  • (C)TOMOKI HIROKAWA

  • (C)TOMOKI HIROKAWA

  • (C)TOMOKI HIROKAWA

  • (C)TOMOKI HIROKAWA

  • (C)TOMOKI HIROKAWA

  • (C)TOMOKI HIROKAWA

蜜雨

雨に濡れることを、植物たちはどんな気持ちで受け入れているのでしょう…
木の葉に降り続けた水滴が樹皮に届く瞬間、樹木たちはその感触を実に個性的に表現しているのです。
「蜜雨」、それは樹と雨の艶やかな出会いの時間の記録です。